絵本、ときどき、英語絵本

医者のパパと看護師のママの絵本育児

めくるめく仕掛け絵本の世界♪千葉市科学館ポップアップ·ミュージアム

 

皆さん、しかけ絵本はお好きですか?

 

かくいう私は、しかけ絵本より普通の絵本派でした。

というのも、白いご飯がおいしいのにふりかけをかけなくてもいいように、しかけはあくまでおまけなのでは…なあんて小賢しいことを考えていたのです。 

 

ところが、そんな私の上から目線をバッサリ切ってくれるきっかけが☆

 

 今、千葉市科学館で開催されている、しかけ絵本の企画展「ポップアップ・ミュージアムしかけ絵本の世界~」です!

この展示を通じて、しかけ絵本の見方が変わりました。

 

まず気づいたことは、しかけ絵本が、絵本(文系)✕仕掛け(理系)のハイブリットだということ!

 

一口に仕掛けと言っても、めくるタイプ、引っ張るタイプ、円盤を回転させるタイプ、ポップアップタイプ…と様々で、本を開いたときに上手く作用するように、よく考えられているんですよね。
まるでピタゴラ装置が、重力や熱、風力、磁力など、様々なエネルギーを利用しているように、仕掛けにも様々な動きがあるわけです。

 

ですから、しかけ絵本は決して子どもだましなんじゃなくて、逆に仕掛けという新たなアイデアを子どもたちに提供しているんですよね。

そして、仕掛けそのものが主役にもなる。

 

改めて、しかけ絵本て、すごいなっ!と。

 

思い返せば、私も子供のころ、しかけ絵本好きでしたし(笑)

本に親しみのない子のとっかかりにも、いいですよね。

 

展示では、様々なしかけ絵本(精巧で大掛かりな物も!)の現物を、手指消毒したうえで、実際に手にとることもできたので、子どもたちも次々にめくって楽しんでいました。

 

また、赤ちゃん向けの仕掛けの展示があり、迷路のような溝の中に穴の開いた丸い形を動かせる細工になっていました。


これなら、わが家の1歳でも穴に指を入れて、壊さずに楽しめます!この動きがまた面白くて、(動かすとお目々も揺れて生きてるみたいなんです♪)欲しいなぁ…!

 

ころりん・ぱ! (あかちゃんがよろこぶしかけえほん)

ころりん・ぱ! (あかちゃんがよろこぶしかけえほん)

 

 

 

千葉市科学館「ポップアップ・ミュージアムしかけ絵本の世界~」の企画展は、5/16までです!」

 


そういえば、わが家にもお気に入りのしかけ絵本が色々ありました♪

 

ペネロペいまなんじ?

ペネロペいまなんじ?

 

 このペネロペシリーズのしかけは、凝っていて、よくできてますよ!

時計は、本物の時計と同様、長針を動かすと短針も連動して動きます。

 

 ぬいぐるみが可愛いパペットスノーマン。

 

わが家にスノーマンが来たみたいで嬉しい。

 

 

仕掛け絵本の過去記事もご覧ください♪ ↓

 

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com 

abcdehon.hatenablog.com

 

 

千葉市科学館の過去記事もあります↓

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

 (※ただし、現在は感染防止のため、館内での飲食はできなくなっています!また、支援センターも感染対策で利用方法が変わっていますので、ご注意ください)

 

わが家は、またまた家族会員(年間家族パスポートのようなもの)更新しました♪

 

今日の絵本

「きんぎょがにげた」 「MORE MORE MORE」 「ゴリラとあそんだよ」

「いやいやえん」 「バルバルさんとおさるさん」

長男小2  次男年長 三男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

今年も申し込みました!【月刊絵本】

毎年、進級とともにワクワクしちゃうのが月刊絵本の案内。
幼稚園でたくさんもらってきます!
 
色々あって迷うのですが…
今年は結局、リピートという選択に落ち着きました。
 
 
なんとわが家4年目のリピートとなったのは…
「しぜん」シリーズ (フレーベル館
 
 
f:id:abcdehon:20210423211655j:image
長男が五十音順に並べていました\(^o^)/


 
身近なテーマを写真で紹介してくれる「しぜん」シリーズ。
物事を調べてまとめるお手本のような構成がおみごと。
見開きのページごとに小見出しがあって内容があるのはパワーポイントのプレゼンテーションのようですし、「いも」ならレシピが載っていたり、「とぶ」なら紙飛行機の作り方が載っていたりと、体験要素もあって、能動的に楽しめます。


春になってよく見かけるたんぽぽとノゲシの違いも、「いきものくらべっこ」で学びました。
昨年度の次男のお気に入りは「いちご」です♪(全国のブランドいちごがズラリと並んだページが大好き)

今年度も、地球、動く、本など、是非読んでみたくて…

 
〜2021年度のラインナップ〜

タンポポ ツバメ 歯 虫をつかまえよう タコ 地球 りんご 動く 飴 動物の模様 雪 本


 
 
長男が「これ頼んで!」とお願いしたのは…
 
「新こども伝記ものがたり」シリーズ (チャイルド本社)
 
一昨年読んではまったシリーズですが、昨年度は取り扱いがなく残念に思っていたところでした。
「偉人」に興味があるお年頃というのもありますが、それだけではありません。


その偉人が成し遂げたことや偉人の子ども時代の姿、国内外の歴史を知ることができて、世界が広がります!
そして、本から次々に話題が生まれて親子の会話も弾みます!(親自身も勉強になりますし)


小学生になると将来の夢で男の子はスポーツ選手が人気だったりしますが、絵本を通じて多様な生き方、多様な価値観があることも知ってもらえたらと思います。
 

一昨年は、貧しい子ども時代をバネにして成功を修めたアンデルセンやシャネル、二宮金次郎が印象的でしたが、今年はより平和について考えさせられる予感がします…。


〜2021年度のラインナップ〜

ヘレン・ケラースティーブ・ジョブズ、トラップファミリー、エジソン杉原千畝オードリー・ヘップバーンキング牧師、アンナ・パブロワ、坂本龍馬サン・テグジュペリ、津田梅子


 
毎月届くのが今から楽しみですね♪♪

 

↓これまでの月刊絵本の記事はこちら★

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

 

今日の絵本

「ふたごのクマクマ」 「いないいないばああそび」 「ばいばい」

「ペネロペいまなんじ?」 「くろくんとふしぎなともだち」 

「Ten Gingerbreadmen」 

長男小2  次男年長 三男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

小1☆長男にヒットした物語の本

 

 前回の記事でお伝えした通り、小学校に入っても、(一応)読書の習慣を続けている長男。

お気に入りは科学漫画サバイバルシリーズや昆虫の本などですが、物語の本もヒットすれば楽しく読んでいるようです。

 

おうさまシリーズ

 

abcdehon.hatenablog.com

 

かぎばあさんシリーズ

 

abcdehon.hatenablog.com

 

を読破した後は…

 

こぐまのどんどん文庫シリーズ

 

ポンちゃんはお金もち (こぐまのどんどんぶんこ)
 

 お母さんが出てくるのがポイント。

 

宮川ひろさんのかんぱいシリーズ

 

しっぱいに かんぱい! (かんぱい! シリーズ)

しっぱいに かんぱい! (かんぱい! シリーズ)

  • 作者:宮川 ひろ
  • 発売日: 2008/09/15
  • メディア: 単行本
 

 失敗は成功のもと。失敗してもいい!

 

他にも、兄弟で読んで抱腹絶倒していた

りっぱな犬になる方法+1

りっぱな犬になる方法+1

 

 

こちらも兄弟で楽しい、そして親子でも読み継いでいる

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

 

 

 

 

 長男の嗅覚で見つけた

 

 

 お友達との関わりが描かれた

ひみつのきもちぎんこう

ひみつのきもちぎんこう

 

 

小学校が舞台の

 

などなど。

色々読んでいます。

 

私も、時には読んで感想を言いあったり…

児童書、純粋に面白いんですよね。

小学校の司書さんのつくった本の紹介のプリントも、毎回楽しく熟読しています。

 

あやしの保健室 1 あなたの心、くださいまし

あやしの保健室 1 あなたの心、くださいまし

  • 作者:染谷 果子
  • 発売日: 2016/09/22
  • メディア: 単行本
 

 ↑ 新刊のお知らせで見つけた、あやしの保健室シリーズ。

小1には難しく、高学年女子の気持ちなど分からないのでは??と思いますが、

こちらも小学校が舞台でなのと、保健室の先生のあやしい口調とアイテムが面白いらしいです。(銭天童みたいな感じ)

 

これからもたくさんの本を読んでほしいなぁ…♪

 

 

今日の絵本

「ないたあかおに」「よわいかみつよいかたち」「こわくないよにじいろのさかな」

「Five Classic Tales」「じゃあじゃあびりびり」「ばしゃにのって」

 

長男7歳、次男5歳、3男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

小学校に上がっても、読書習慣をなくさないために☆

去年の今頃は「かいけつゾロリ」シリーズにはまっていた長男。

 

abcdehon.hatenablog.com

 

「カレーVSちょうのうりょく」や「じごくりょこう」など、お気に入りの本は何度も何度も繰り返し読んでいました。(今でも時々読んでいますよ♪)

 

その後、小学校に入学してからは、「ぼくはおうさま」シリーズで、物語の面白さに目覚めました。

 

が、しかし!!

テレビのバラエティ番組やYOUTUBEの面白さにも目覚めてしまったため、

読書の時間がなかなか取れません…😨

でも、せっかくの読書習慣、なくしてしまうのはもったいない!

 

というわけで、

 

☆図書館に2週に1回ペースで通うのは続けています😊

好きな本を選ぶと、家族みんなで20冊はあっという間!

 

☆寝る前だけは読書の時間として死守しています☆

テレビは最長20:30まで。そこから21時まではベッドで読書の時間です。 

 

そんなこんなで、なんとか、読書習慣を維持してはいます!

 

彼の最近の愛読書は、科学漫画サバイバルシリーズと逃走中オリジナルストーリーですが…。

 

 サバイバルシリーズ☆

小学生に人気ですよね~。漫画の途中の解説ページがためになります。

「有害物質」は意外と身近な話で、面白かったですよ!

 

 2.26に発売したばかりの逃走中第3巻↑

小学生が実在する場所を舞台に逃走中に参加するお話です。

逃走中好きなら、低学年でもサクサク読めちゃう。はまりすぎ注意😨

 

とはいえ、他に物語の本や昆虫などの図鑑系、伝記など…

置いておけば読む感じではあるので、次回はそんな長男にヒットした本をご紹介したいと思います。

 

 

今日の絵本

「くつくつあるけ」「きゅっきゅっきゅっ」「もこもこもこ」

「ピーター・ペニーのダンス」「いちご」

 

長男7歳、次男5歳、3男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

家族みんなでおうちでインド映画「ピザ!」&世界の絵本

 先日、Amazonプライムで、インド映画「ピザ!」を見ました。

 

ピザ!(字幕版)

ピザ!(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 インド映画といっても、途中の躍りや歌はない、「児童映画」というジャンルで、主人公はスラムの子どもたち。
1ヶ月の収入よりも高価なピザを食べるため、奮闘するスラムの兄弟と、そこに立ちはだかる現実が描かれています。

 

映画のポスターは明るくポップな感じなのですが…

実際に見てみると、貧富の差(特にインドに根強くあるカースト)による差別を真っ向から突きつけられ、涙なしでは見られません。
物語が展開するにつれ、大人たちの滑稽なほどの浅ましさが露呈し、兄弟の純粋さが際立ちます。そんな主人公たちの名前が出てこないというのも、象徴的です。

兄と弟の描き分けも丁寧で、兄のプライドや一途に兄についていく弟の姿は、ちょうどわが家の長男次男と重なり、他人事とは思えませんでした…。


最近、「サスティナブルな社会」という言葉をよく耳にします。

けれども、「世界には貧しい人もいる」ということは、言葉だけでは分かりません。


わが家は、家族みんなで「ピザ!」を見て、子どもたちにも世界には貧しい暮らしの子どもたちがいること、自分たちの境遇は恵まれていることを伝えました。

 

f:id:abcdehon:20210227161249j:plain

「ピザ!」の兄弟と年も近いわが家の兄弟


百聞は一見にしかず。
写真絵本でも、世界には全然違う生活がある!ということを学べます。

 

 

 「ぼくはまほうつかい」

アフリカ、ガーナの絵本。チョコレートだけでなく、金も有名なんですね。

ふんだんな写真からは、現地の息遣いが伝わってくるようです。

 

 

 「世界の子どもたちの暮らし」

 寒い国も暑い国も、富める国も貧しい国もある。学校、友達、食事など、世界中の学童期の子どもの暮らしが垣間見える本。ページをめくるたびに新たな発見があります。

 

あ~!! 

やっぱり、実際に海外に行きたくなりますね!!

(残念ながらコロナ禍なので、まだまだアマプラにお世話になります…)

 

今日の絵本

「おいしいね うれしいね」「つるにょうぼう」「ミッケ!」

「Five Classic Tales」「きっちり・しとーるさん」

 

長男7歳、次男5歳、3男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

癒されたいときの♪ まどみちおさんの赤ちゃん絵本

 

わが家の3男も、もう1歳。

 

f:id:abcdehon:20210207121414j:plain

「とびだす いないいないばあ!」いりやまさとし作 を読む三男

 

1歳前後になると、よちよち歩き始めたり言葉らしきものを言い始めたりと、かわいい盛りです。

とはいえ、お昼寝は短くなり、いたずらも始まり、ちょっとずつ大変になってくる時期でもありますよね。

うちは三番目なので、0歳じゃなくなっちゃうー、さみしいーっ!ていう気持ちもありますが。

 

さて、今日は、そんな1歳以前後の親子から楽しめる、癒しの絵本をご紹介したいと思います。

 

 

ママだいすき

ママだいすき

 

 「ママ、だいすき」文:まどみちお 絵:ましませつこ こぐま社

 

やぎさんゆうびん」「一年生になったら」「ふしぎなポケット」などの作詞で有名なまどみちおさんの作品。

この「ママ、だいすき」では、色々な「大好き」のシーンを、ぶたさんやお魚さんなど、動物の親子のセリフにのせて表現しています。

絵は、他にも「あがりめさがりめ」など、わらべうた絵本の絵を描いているましませつこさん。

赤ちゃん絵本は原色系も多く、原色系は赤ちゃんが識別しやすいというメリットがあると思うのですが、この絵本では、原色にはない中間色の柔らかい色合いが、文と絶妙なハーモニーを醸し出しています。(個人的にとても好みな色使いです)

是非、ページをめくって癒されてください♪

 

 

ぞうさん

ぞうさん

  • 発売日: 2016/03/07
  • メディア: 大型本
 

ぞうさん」詩:まどみちお 絵:にしまきかやこ こぐま社

 

もう一冊は、まどみちおさん作詞の中でも一番有名かと思われる、誰もがご存知の童謡、「ぞうさん」に、「わたしのワンピース」のにしまきかやこさんが絵を描いた絵本です。

このぞうさんの、やさしげな表情。

中の絵も色遣いが温かくて、癒されること間違いなしです。

「あのね かあさんが 好きなのよ」

と駆け出して行くぞうさんのかわいいこと。

歌いながら、ゆっくりゆっくりページをめくってみてくださいね。

この絵本、上の子のときは読んだことがなかったな~と思ったら、なんと初版が2016年でした。昔からある童謡が、最近になって絵本として子供たちに受け継がれることに感動です。

 

今日の絵本

「だるまさんの」「じゃあじゃあびりびり」「ふわふわだあれ」

「ミルクこぼしちゃだめよ」「Buisket story book collection」「しもばしら」

 

長男7歳、次男5歳、3男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

名作からホラーまで?!ロシアのおはなし3選

皆さんはロシアと聞いて何を思い浮かべますか?
ザキトワ選手?マトリョーシカシベリア鉄道
今回は、そんなロシアで生まれたとっておきのお話を3つご紹介します。

 

 「ハリネズミと金貨」

長男が小学校で読んでもらったお話です。

ある日、道で金貨を拾ったハリネズミは、そのお金で冬支度をしようとしますが、動物たちはお金を受け取らずに冬支度を手伝ってくれます。

この本の素敵なところは、動物たちの親切に対してハリネズミが惜しみなく感謝の気持ちを伝えるところや、ハリネズミもお金では買えないものを他の動物に与えていたところなど、色々ありますが…
なんといっても、鍵となる場面は、ラストシーンでしょう。
ハリネズミは、どうして金貨を置いたのか?
その理由は、本文中にも書かれていますが、現代の日本を生きる子供たちにとっては、不思議なことかもしれません。
 巻末に、解説文が書かれています。それによると、当時ロシアの人々は、困っている人を助ければ自分が困ったときに助けてもらえるので、お金よりも人と人とのつながり、助け合える関係性に価値を置いていたとのこと。

価値観の多様さを知ることができるのも、外国の絵本の魅力と言えそうです。

 

 

おおきなかぶ

おおきなかぶ

 

 「おおきなかぶ」

 おそらく知らない人はいない、繰り返し絵本の名作中の名作。

   国語の教科書にも載っています。

 日本語では、かぶを抜くときの「うんとこしょ、どっこいしょ」というかけ声が印象的で、「うんとこしょ、どっこいしょ」と言えば、「おおきなかぶ」!ですよね。これは、日本で「おおきなかぶ」が広く愛されるのに一役買っているのではないでしょうか。

 また、「おおきなかぶ」も「ハリネズミの金貨」と同じように、困っている人がいればみんなで力を貸すお話ですね。

 

 

まるごとごくり! (こころのほんばこ)

まるごとごくり! (こころのほんばこ)

  • 発売日: 2016/03/08
  • メディア: 単行本
 

 「まるごとごくり!」

次男が何度も読んでとせがんだ一冊。

子供のいないおじいさんとおばあさんが作った土偶が、次々に食べ物を要求する、ちょっぴり怖いお話です。

この絵本は、訳本でありながら、リズムの良さが心地よく、土偶のセリフの箇所をわが家の次男は一緒に口ずさんでいました。

原題は、The clay pot boy。
表紙の絵は、The clay pot boy でもあり、まるごとごくり!でもあるところがまた、秀逸です。


いかがでしたか?
日本にとっては、それほど馴染みのない国、ロシアですが、こうして絵本を読んでみると親近感が沸いてきます。
また、お話から当時の社会が垣間見えるのも、味わい深いですね。

 

今日の絵本

「きゅっきゅっきゅっ」「じゃあじゃあびりびり」「いないいないばあ」

 

長男7歳、次男5歳、3男0歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村