絵本、ときどき、英語絵本

医者のパパと看護師のママの絵本育児

もっと絵本が好きになる♪赤ちゃん絵本を楽しむアイデア3選「ばいばい」編

ただ音読するだけと一瞬で読み終わってしまう赤ちゃん絵本。

せっかくだから、もっと楽しみたい!

そこで今回は、赤ちゃん絵本を楽しむ工夫「ばいばい」編を、我が家の子供たちの反応を交えてご紹介します♪ 

 

ばいばい (まついのりこのあかちゃんのほん)

 「ばいばい」作:まついのりこ 偕成社

 

「こんにちは」と「ばいばい」を繰り返すシンプルな赤ちゃん絵本です。

ただ読むだけだと30秒で終わってしまうので、早速アレンジしてみましょう~

 

1.声優になりきり!声色をかえてみる

 ぞうさんは低い声でゆっくり、うさぎさんは跳ねるように可愛らしく。さて、きりんさんはど読もう…?

声色を変えて読むと、変化があって飽きません。

読み聞かせをする方も、声優になったつもりで読むと楽しいですよ♪

我が家は、かえるさんをつぶれたような変な声で読むと、長男・次男ともに大笑いしてくれます。

 

 2.言葉の理解もすすむ?!身振り手振りで遊ぶ

 

「こんにちは」でおじぎを、「ばいばい」で手を振る仕草をしてみると、やがて子供も真似をするようになりました。

言葉と動作が結びつくので、言葉の理解を助ける効果も期待できます。

 

3.カスタマイズ☆お名前を呼んでみる

 

お名前を呼ぶアレンジができるのも、親子の読み聞かせならでは。

是非、お名前を入れて読んでみてくださいね。

「こんにちは〇〇」「ばいばい〇〇」とお名前付きで語り掛ければ、ぐっと絵本が身近に感じられます。子どもも喜んでくれること請け合いです。 

 

 

 「ばいばい」は次男のファーストブックでした!

abcdehon.hatenablog.com

我が家では定番の「ばいばい」です。

abcdehon.hatenablog.com

 

  読み方のアレンジ、他にもご紹介しています♪

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.comabcdehon.hatenablog.com

 

 今日の絵本
「ママのスマホになりたい」「げんきなマドレーヌ」「しかくみつけた」「さんかくみつけた」「じゃあじゃあびりびり」「Stuffy the Brave」 
長男4歳 次男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

マニアック?虫垂炎(盲腸)の手術の絵本3選

 

子どももかかりやすい大きな病気のひとつ、盲腸。正確には虫垂炎と言います。
かつては盲腸炎と言われていましたが、盲腸の先にある虫垂という部分が炎症を起こす病気です。

今回は、そんな虫垂炎の手術が描かれている絵本をご紹介します!

  

虫垂炎(盲腸)の手術を描いた絵本3選

 

幼い姉の心の成長を描く「いもうとのにゅういん」 

いもうとのにゅういん (こどものとも傑作集)

「いもうとのにゅういん」作:筒井頼子 絵:林明子 福音館書店

 

妹が盲腸で手術をすることになったときの、お姉ちゃんにスポットを当てた絵本です。

ひとりぼっちのお留守番、妹を心配する気持ち…。お姉ちゃんの心の揺れが切なく優しく描かれています。

表紙ではお人形を独り占めしているように見えるお姉ちゃんですが、「いもうとのにゅういん」という一大事を乗り越えて、成長する様子がみられます。

 

実際、子どもが大きな病気をすると、お父さんお母さんは病気の子に手がかかってしまいがち。きょうだい児に目を向けることは大切です。

それを絵本で成し遂げてしまうのが、さすが筒井頼子さん&林明子さんの作品ですね。

大好きな林明子さんの描く女の子の仕草や表情がなんとも言えません。

 

筒井頼子さん&林明子さんの作品はこちらも↓ 

abcdehon.hatenablog.com

 

思わず入院したくなる?!「げんきなマドレーヌ」  

げんきなマドレーヌ (世界傑作絵本シリーズ)

 「げんきなマドレーヌ」作・画:ルドウィッヒ・ベーメルマンス 訳:瀬田貞二 福音館書店

 

フランス・パリの寄宿舎で暮らす女の子たち。その中の1番ちいさな女の子マドレーヌが、盲腸炎になってしまいます!

入院して手術をしたマドレーヌ。お見舞いに行ったみんなが見たものは…?!

ベッドの上に立って手術の痕を自慢するマドレーヌがなんとも子供らしくてたくましい。

表紙に描かれているのはエッフェル塔。花の都パリを舞台にした、テンポがよくユーモラスで楽しいお話です。

翻訳者は、日本の絵本界の黎明期に活躍した瀬田貞二さん。

1972年発行の歴史ある絵本ですが、古さを感じさせません。

長男も気に入って何度も読んでとせがまれました。

 

  瀬田貞二さんの絵本はこちらも↓

abcdehon.hatenablog.com

 

 

救急車、手術室…緊迫感のある写真絵本「よるのびょういん」 

よるのびょういん (こどものともセレクション)

 「よるのびょういん」作:谷川俊太郎 写真:長野重一 福音館書店

 

夜、発熱と腹痛を訴えた男の子が救急車で運ばれ、盲腸(虫垂炎)の手術をして朝を迎えるまでを白黒写真でつづった絵本です。

タイトルが「よるのびょういん」だけあって、検査室や手術室など、静かで緊張感のある夜の病院の写真が見どころです。

1985年発行の古い絵本なので、診断のプロセスなど今とは少し違うところもありますが、絵本としては問題なく読めると思います。

 フィクションですが、詩人・谷川俊太郎さんのつむぐ登場人物たちのセリフがリアルで臨場感があります。

こちらも、興味津々の長男。図書館で何度も借りています。 

 

言葉が魅力☆詩人・谷川俊太郎さんの絵本 ↓ 

abcdehon.hatenablog.com

 

なお、虫垂炎は、手術以外に薬で治療することもあります。
頻度が多いためよく知られている病気ですが、放置すると腹膜炎を起こして命に関わることもありますし、他のお腹の病気との区別がつきにくいこともあるため、なかなか侮れない病気です。

今回ご紹介した絵本では、3冊とも、無事手術は成功!
元気になる姿が見られて安心できますよ♪

 

 

今日の絵本
「もりのはいしゃさん」「ママのスマホになりたい」「ママがおばけになっちゃった」「もこもこもこ」「げんきなマドレーヌ」「こぐまちゃんいたいいたい」「だるまさんが」「モペットちゃんのおはなし」 
長男4歳 次男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

初めての運動会!お弁当&「よういどん」

今週のお題「お弁当」

先週末は、長男幼稚園の初めての運動会でした!

当日の朝になって次男が体調不良というハプニングもありましたが…

 

お天気にも恵まれ、無事、運動会を楽しむことができました。

 

躍りもみんなと一緒に一生懸命踊っていて、去年では考えられない成長ぶりに感動!

 

かけっこは、つまずいてビリでしたが…
最後まで走ったから1等賞?!


まさにそんな息子を描いたような絵本がありましたよ(笑)

 

ようい どん (幼児絵本シリーズ)

「よういどん」文:わたなべしげお 絵:おおともやすお 

当ブログではおなじみ、くまたくんの小さい子向けのシリーズです。

 
ちょっぴりのんびりやでこわがりな、くまたくんシリーズの絵本↓ 

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

  
さて、お昼はお待ちかね、みんなでお弁当~♪

 
f:id:abcdehon:20171011235830j:image

~運動会のお弁当~

おにぎり(わかめごはん&たらことゴマ)
肉じゃが
豚肉のウメしそ巻き(長男リクエスト・リピート)
桜エビ入り卵焼き
プチトマト
ハム
ブドウ
パイナップル


頑張ってお腹が空いたのか、モリモリ食べてくれました☆

 

年中さん、年長さんを見ていると、さすがにカッコいい活躍ぶりでした。
来年の運動会が今から楽しみです。
かけっこ練習するぞ!(by お父さん)

 

今日の絵本
「こねこのぴっち」「もりのはいしゃさん」「からだ」「モペットちゃんのおはなし」「おかえりなさいスポッティ」「もこもこもこ」 
長男4歳 次男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

東大合格ママもオススメ・絵本の多読、のその前に

東大合格ママ・佐藤亮子さんが実践した絵本の多読

 

絵本の読み聞かせについて、お子さん4人が東大理Ⅲに合格したという佐藤亮子さんの記事(“東大合格”佐藤ママがおすすめ!「3歳までに1万冊」の読み聞かせ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット))がありました。

 

記事によると、3歳までにのべ1万冊の絵本を読み聞かせたそうで、実際にカウントしていたとのこと。3歳までに1万冊というと、1日15冊だそうです。

絵本を多読するための工夫や、おすすめの絵本100冊も紹介されていました。

 

当ブログでとりあげた絵本もいっぱい↓ 

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

 などなど…

是非チェックしてみてくださいね♪

 

絵本の多読・我が家の場合

 

確かに、多読はいいと各方面から耳にしますし、我が家も1万冊には及ばないかもしれませんが、ゆる多読を実践中です。

 

ただ、1万冊の多読って、実際に続けるのは並大抵のことではないと思います。

単に多読が目標になってしまって親子で絵本を楽しまないのはもったいないですし…。

また、そもそ絵本に親しまなければ、多読はただの苦行になってしまうか、挫折してしまうかもしれません。

 

 多読の前提にあるのは、絵本を楽しむこと、絵本に親しむことではないでしょうか。

結果を出すことにとらわれず、そのプロセスを大切にすることもステキなことではないでしょうか。

 

幸い、我が家の長男・次男は二人とも絵本好き。

長男は2週間ごとの図書館通いを楽しんでいます。最近では自分から次々に絵本を選んできて、少しずつ長いお話も読めるようになりました。

次男は、家にある絵本を自分から「よんで」と持ってきて、ちゃっかりひざの上に座ってスタンバイします。最近では、「これはなに?」「これは?」と絵本を指さして質問したりもするようになりました。

 

これからも、親子でたのしみながら「ゆる多読」を続けていけたら…と思っています。

 

 

今日の絵本
「こねこのトムのおはなし」「よるのびょういん」「おちゃができるまで」「ばいばい」 
長男4歳 次男1歳

 

ブログ村ランキング参加中です♪ポチっとして頂けたら励みになります↓


にほんブログ村

念願の☆月刊絵本キンダーブック「しぜん」の定期講読始めました!

キンダーブック「しぜん」の定期購読に至った経緯

 
f:id:abcdehon:20171003122541j:image

4月から、ずっと気になっていた、キンダーブック「しぜん」シリーズ。

身の回りの不思議について、毎月1つのテーマを掘り下げて、写真やイラストで分かりやすく解き明かしてくれる月刊絵本です。

 

このブログでも既に何回かご紹介しています。

 abcdehon.hatenablog.com

abcdehon.hatenablog.com

 

長男は4月当初から、
「『か』(蚊)と『とぶ』(飛ぶ)と『こおり』(氷)が読みたい」
と言っていました。

 

春は定期講読が気になりながらも、初めての園生活で勝手も分からないまま過ぎ去り… 

 

いざ夏になってチェックしてみると、もう定期講読の7月号(「か」)が届く締め切りを過ぎてしまっていました。


慌てて「蚊」をテーマにした絵本を探してみたけれど、これが見つからない!
思っていたような、写真や蚊の生態を取り上げた絵本が探せないのです。

 

完売すると入手できない!バックナンバーをお取り寄せ

そこで、「つばめのおうち」という、キンダーブックのバックナンバーを扱っているサイトから、バックナンバーで「か」を購入。
3000円に満たなかったので宅配便の送料がかかってアイタタタ…

(3000円以上買うと無料でした。)

  

でも、届いた「か」は、本当にわかりやすくて、くわしくて…
期待を裏切らない絵本でした!

 

さらに、その翌々月、9月号のテーマは「からだ」。
これは読んでみたい!

 

というわけで、結局、9月号から「キンダーブックしぜん」の定期講読を始めてしまいました。


今では、毎月届くのを楽しみにしています♪

 

今日の絵本
「じゃあじゃあびりびり」「まわるまわるやまのてせん」「りゆうがあります」 「せんろはつづく」

長男4歳 次男1歳



にほんブログ村

秋にぴったり☆長男が暗唱するほどはまった絵本「びっくりまつぼっくり」

こちらが、長男が全文暗唱したほどお気に入りの「びっくりまつぼっくり」です!

 

びっくり まつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

 「びっくりまつぼっくり」文:多田多恵子 絵:堀川理万子 福音館書店 ふしぎなたねシリーズ

 

まつぼっくりの何がびっくりなの?

 

種明かしすると…

普段は表紙の絵のように広がっている形のまつぼっくりですが、雨に濡れると先がつぼんで小さくなってしまうんです。

大きく広がった松ぼっくりと小さくつぼんだ松ぼっくり、種類が違うわけではなく、乾いているか濡れているかの違いだったんですね!

 

この「びっくりまつぼっくり」は、福音館書店の「ふしぎなたねシリーズ」です。

「ふしぎなたねシリーズ」は、幼児向けの月刊絵本「ちいさなかがくのとも」から生まれました。

 

もともとが「ちいさなかがくのとも」だけあって、松ぼっくりを丁寧に観察するところから入り、松ぼっくりが大きくなったり小さくなったりする理由を実験で検証するあたりがさすがです。

写実的ながら個性的な絵も、いい味出してます。

 

絵本では、男の子がまつぼっくりを見つけてその変化を目の当たりにするお話の後に、この実験が「まつぼっくりてじな」として紹介されています。

時間はかかるものの、子どもでも失敗なく簡単にできる手品です☆

 

最近、「ピタゴラスイッチ」の「ウソだと思うならやってみな」のコーナーでも「まつぼっくりのまつのまつごろう」としてこの手品が取り上げられていました。

 

 

いつの間にか暗唱しちゃう「びっくりまつぼっくり」の魅力

  

長男は、この「びっくりまつぼっくり」を全文暗唱しました!

それも、ひらがなが読めるようになる前、まだ2歳代でした。

これには、親の私たちがびっくり

 

全文暗唱したということは、それだけ魅力ある絵本なのだと思います。 

 

何度も何度も飽きずに繰り返し読んだので、テーマや内容の面白さはもちろんのこと

文のリズムがよく覚えやすかったこ

絵を見れば文が思い浮かぶ絵本だったこ

 

絵本としての完成度も高く、一押しの一冊です!

 

 そしていつの間にかひらがなも読めるように↓

abcdehon.hatenablog.com

 小さいうちから読める科学の絵本、他にもご紹介しています↓ 

abcdehon.hatenablog.com

 

 今日の絵本
「こねこのトムのおはなし」「もりのピザやさん」「もりのスパゲッティやさん」「いってらっしゃーいいってきまーす」「よるのびょういん」「いもうとのにゅういん」「だるまさんが」「だるまさんと」 
長男4歳 次男1歳



にほんブログ村

ベストセラー絵本作家が暴く新米パパの生態「ヨチヨチ父」

赤ちゃんの誕生とともに誕生する新米パパ。

そんな新米パパの姿が、育児の合間に読めるイラストたっぷりの本になりました!

思わず笑ってしまう「ヨチヨチ父」の内容と感想、早速ご紹介しますね。

 

絵本作家ヨシタケシンスケさんの育児本

 ヨチヨチ父 とまどう日々

 「ヨチヨチ父 とまどう日々」作:ヨシタケシンスケ 赤ちゃんとママ社

 

 「りんごかもしれない」「もうぬげない」「りゆうがあります」など、数々の個性的な絵本を世に送り出しているヨシタケシンスケさん。

 

その、ヨシタケシンスケさんが新米パパ時代を振り返って、ちょっぴり自虐的に、そしてユーモアたっぷりに、赤ちゃん&ママと向き合う新米パパの生態を3コマから4コマのイラストと文で綴っています

 

まったくも~パパは頼りないんだから

育児は修行だ!…でも、それも受け入れていこう

 赤ちゃんて不思議な生き物だなぁ~

 

赤ちゃんとママに翻弄される新米パパのエピソードの数々と脱力感のあるイラストに、思わずニヤリ
 

 

渦中にいると、本当に大変でドタバタの育児。

夫婦二人だったときと比べて、生活は激変します。

でも、それもひっくるめて愛すべき日々なんじゃないかな~

 

「ヨチヨチ父」からは、そんなエールを感じられます。

 

 

「ヨチヨチ父」ママは共感♪パパの反応は…?

 

「ヨチヨチ父」の帯には、「パパは共感。ママは落胆。」とありました。

 

ところが、我が家では…

 

デジカメのバッテリー切れている!

 

仕事から帰宅後にママが育児でイライラしていて大変!

 

 まさにわが家みたい!!

と私(母)は共感したのですが…

 

パパは「そうかな~?そうは思わないけど…」などと、テーマによって反論を唱えながら読んでいました。

 

わが家のパパは、仕事の大変さに比べれば育児は全然大変じゃない!と言っていて、確かに休みの日は子供とよく遊んでくれます。

どうやら、「育児の大変さ」「頼りない父親像」には共感できない部分があったようです。

家にいることが少ないので、長時間子供の世話をする苦労を味わっていない気もしなくはないですが…

 

さて、他のパパはどんな反応を示すのでしょうか…!?

 

 

お父さんにスポットをあてた絵本もご紹介しています♪ ↓ 

abcdehon.hatenablog.com

絵本作家・浜田桂子さんの子育てノートもオススメです ↓ 

abcdehon.hatenablog.com

 今日の絵本
「こねこのトムのおはなし」「おちゃができるまで」「もりのピザやさん」

「もりのスパゲッティやさん」
長男4歳 次男1歳



にほんブログ村