絵本、ときどき、英語絵本

医者のパパと看護師のママの絵本育児

1歳次男発☆「もこもこもこ」の楽しい読み方

保育園でも大人気の「もこもこもこ」

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

「もこもこもこ」作:谷川俊太郎 絵:元永定正


元永定正さんの描く抽象的な絵に、詩人の谷川俊太郎さんがことばをつけたというこちらの絵本。
「もこもこもこ」は、保育園でも子どもたちに大人気だそうです!

(よく見ると、タイトルの文字が「もこ↑・もこもこ」と盛り上がっているんですね☆)


元永定正さんの絵本、「ころころころ」もおすすめです♪↓ 

abcdehon.hatenablog.com

 

 「もこもこもこ」と1歳次男

先日、図書館で「もこもこもこ」を発見した次男。2冊の「もこもこもこ」を、1冊読んだと思ったらもう1冊持ってくる(私はこっそり棚に戻す)ということを繰り返していました。
「もこもこもこ」とモゴモゴ言いながら(笑)
そのくらい、好きなんだなぁ~

 

実は、長男のときはそれほどの食い付きを示さなかった「もこもこもこ」。
同じ兄弟でも、絵本の好みが違ったりするのですが…(長男は比較的、具体的な・身近な話題を好むようです)

「もこもこもこ」は、擬音語だけで構成されているので、単純にただ読むだけではあっという間に読み終わってしまいます。

 

そこで、ジャズが流れると体が勝手に動き出しちゃうくらい感性豊かな(?)1歳の次男が、楽しい読み方を教えてくれました。


「もこもこもこ」の楽しい読み方

「もこもこもこ」に出てくる言葉に合わせて、からだや絵本をタッチ!

「つん」のところでは、おでこを指でつんとつついて、「ぽろり」のところで指を離します。

「ぎらぎら」で、両手をきらきら動かして、
「ぱちん」のところでは、絵本を手のひらでぱちんっと軽く叩きます。

 

楽しい言葉を一緒に言ってみる

「もこもこ」「にょき」「しーん」など、子どもでも言えそうな言葉を、真似っこして言ってみるのもお楽しみ。
その音の楽しさを存分に味わって、笑いながら読むのもアリです。

 

保育園の先生に聞いたら、保育園でこういう風に読んでいるわけではないそうです。


…ということは、次男が考えたのかな!?

 

そういえば、「だるまさん」シリーズでも、体にタッチしたり遊びながら読むのがお気に入りでした↓ 

abcdehon.hatenablog.com

  読み方ってやっぱり大事♪ 

abcdehon.hatenablog.com

 皆さんも、是非、楽しんで「もこもこもこ」読んでみてください♪

 

今日の絵本
「チョコレートができるまで」「もこもこもこ」「とうふができるまで」
長男4歳 次男1歳



にほんブログ村